テレビや新聞って有益だと思う?

つい最近、小倉智昭さんが自身が司会を務める番組「とくダネ」が終了するというニュースがありました。
次世代に席を譲るということみたいですね。

病気してからネット情報を見るようになった。そしたら『老害じゃないか』とか『ボケているんじゃないか』と。そういう言葉はキツいもんなんですよ。

わたしは番組を降板するという内容よりもこの発言に少し意外性を感じました。
小倉さんってあらゆる手段でいろんな情報収集をしていると思っていましたが、ネットはあまり活用していないように聞こえたからです。
世の中には新聞、テレビ、ラジオなどいろんなメディアがありますが、今の時代、情報収集の主軸はネットだと思うからです。
テレビや新聞は作り手の思惑に左右されやすい傾向にあるので、むしろ害悪にもなりうるとすら思っています。
実際、若い世代の人たちは新聞をとっていない人が圧倒的に多いですし、テレビをほとんど見ないという人も少なくありません。
ただただ流れてくる情報を見るだけのテレビや新聞よりもyoutubeなど、自分で情報を探すほうが有意義だと思います。
ところが、小倉さんと同じぐらいの60代以上の人たちのほとんどはテレビや新聞が主軸になっています。
流れてくる情報を鵜呑みにしているだけなので、その情報が間違っていたとしても信じ込んでしまっているのではないでしょうか。
今の日本が衰退傾向にある原因の1つだと思うわけです。
コロナ禍のなか、トイレットペーパーが品薄になるというような情報がテレビで流れればそれを真に受けて買い占めに走るというような感じですね。
ただ流れてくる情報を取り入れるのではなく、自分で情報を集め、自分の頭で判断していくという行動を習慣にしていきたいですね。
健康面に関しても同じことが言えます。
朝食はとったほうがいいのか、とらないほうがいいのか、卵は1日何個までたべていいのかなどといった疑問は常にありますが、結局のところ人それぞれなんじゃないでしょうか。
情報の真偽を確かめるために自分で実践して試してみるというのもいいと思います。
わたしが今、健康面で注目しているのが血糖値です。
血糖値が高くなる食事は体にとってよろしくないと言われています。
できれば、血糖値を上げない玄米や野菜といった食品をとるのが望ましいのだとか。
でも、玄米や野菜ってそれほどおいしいものではありませんよね。
できれば、好きなものを食べたいというのが人間です。
その対策として、サプリメントがあります。
たとえば、「糖素減(とうそげん)」というサプリメント。
蘭山苦瓜という希少なゴーヤーを原料にして作られているので、口コミも上々です。
糖素減 口コミ
糖素減は糖の悩みを持つ人のためのサプリメントですが、特効薬というわけではありません。
でも、試してみる価値はあると思います。
何も対策を打たなければ、普通に老化していくだけです。
周りに流されず、トライアンドエラーを繰り返して、少しずつ自分の生活を幸せにしていきたいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です